名古屋離婚解決ネット HOME > 弁護士コラム > 不貞慰謝料請求権を行使していないと時効で消滅します

弁護士コラム

「不貞慰謝料請求権を行使していないと時効で消滅します」弁護士 片岡憲明

不貞慰謝料請求権を行使していないと時効で消滅します

3年の時効

不貞行為による損害賠償請求権は不法行為に基づくものですから、民法724条の3年の消滅時効にかかります。

要するに、不貞行為を知ってから3年放置していると時効で請求権が消滅してしまうわけです。

不貞行為を知っても様々な事情で請求できないことはあるだろうと思います。
たとえば配偶者を逆上させてしまうかもしれない、夫婦関係を壊したくない、等もっともな理由で請求できないのかもしれませんが、法律は冷淡です。

時効がスタートするのは、損害及び加害者を知ってから

ただ、配偶者が不貞行為をしていることを知っていても、相手方がどこの誰かが分からない場合には時効が進行しません。

どこの誰かが分かってからはすぐに慰謝料請求をするべきだということになります。

後悔しないためにも速やかに訴訟を提起しなければなりません。

時効については、今後、色々なケースの裁判例について説明していきたいと思います。

繰り返しではありますが、加害者を知ってから3年で時効なので迷わずすぐに請求するようにしてください。

当事務所の弁護士のコラムです!是非お読み下さい!



お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

ページの上部へ

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。  
相談料 30分 5,000円(税別)より

地図

詳細はこちら