名古屋離婚解決ネット HOME > 弁護士コラム > 不貞行為を知らなくても20年が経過すれば不貞慰謝料請求権は一部消滅します

弁護士コラム

「不貞行為を知らなくても20年が経過すれば不貞慰謝料請求権は一部消滅します」
 弁護士 片岡憲明

不貞行為を知らなくても20年が経過すれば不貞慰謝料請求権は一部消滅します

3年の時効

既に前回のコラムで記載したように、不貞行為を知ってから3年間権利行使をしないと不貞慰謝料請求権が時効で消滅してしまいます。

20年の除斥期間

しかし、不貞行為を知らなかったため、権利行使ができなかった場合でも、権利発生から20年の時が経過した場合、不貞慰謝料請求権は、除斥期間が経過したことにより消滅してしまいます。

除斥期間というのは、3年の時効とは異なり、相手方が主張しなくても、裁判所が権利消滅を認定してしまうため、非常に重要な意味を持ちます。

裁判例

東京地方裁判所平成19年7月27日判決は「XのYに対する慰謝料請求権のうち、本訴提起の日である平成l8年 8月11日から20年前である昭和61年8月11日より前の部分は除斥期間の 経過によりもはや行使し得ないものと解される。」と判示しています。

また、東京地方裁判所平成25年4月15日判決も「夫婦の配偶者が他方の配偶者と第三者との不貞行為により第三者に対 して取得する慰謝料請求権については、一方の配偶者が同不貞行為を知 ったときから、それまでの慰謝料請求権の消滅時効が進行すると解する のが相当であるところ(最高裁判所平成6年1月20日判決参照)、本件においては、・・・ 昭和39年秋ころと昭和45年9月の2回、AとYの不貞関係がXに発覚しているから、昭和45年9月まで不貞行為に関するXのYに対する慰謝料請求権は、遅くとも3年後の昭 和48年9月に時効により消滅しているものということができ (民法724 条前段)、AYが同時効を援用したことも認められる。さらに、本件訴 訟提起は平成24年2月21日に行われているところ、平成4年2月20日以前の不貞行為に関するXのYに対する慰謝料請求権は、不法行為の ときから訴訟提起までに20年を経過することにより消滅しているとい うべきである(民法724条後段)。以上によれば、 XのYに対する不法 行為に基づく損害賠償(慰謝料)請求権のうち、消滅せずに残存してい るのは、平成4年2月21日以降の不貞行為に関するもののみというこ とになる。」

以上の通り、除斥期間で一部不貞慰謝料請求権が消滅するという点は判例からも明白です。

ただ、注意したいのは、全部ではなく、一部が消滅しているということです。
除斥期間にかからない残部については依然慰謝料請求が可能ということになります。

当事務所の弁護士のコラムです!是非お読み下さい!



お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

ページの上部へ

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。  
相談料 30分 5,000円(税別)より

地図

詳細はこちら

離婚相談票pdfダウンロード