離婚トラブルの解決事例

【裁判離婚】慰謝料請求を大きく減額することができた事例

  • 依頼者:男性(40代)会社員
  • 相手方:女性(40代)会社員
  • 子ども:2人(幼児)

事案内容(相談までの背景)
夫が不倫をし、妻は別居することになりましたが、妻は夫の交際女性から慰謝料150万円を回収しました。その後、夫に対して更に慰謝料300万円を請求すると共に財産分与の請求もしました。

夫としては、慰謝料を一定額払うのはいいとして、既に交際女性から150万円も受領しているのに更に300万円払う理由は無いのでは無いかと相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
離婚訴訟が提起されたため、その中で、慰謝料額は交際女性からの慰謝料支払額をふまえて減額されるべきこと、財産分与としてはむしろ妻側の方が共有財産は多い筈だから、むしろ財産分与をしてもらう必要があると主張しました。

調査嘱託で妻側の隠し財産を全て開示させたところ、妻側が夫側に一定額の財産分与をするべきであることが判明しました。

そこで、夫が払うべき慰謝料額と妻が払うべき財産分与額について相殺することで、ゼロ和解することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫をしたからと言って、とにかく慰謝料を払わなければならないわけではありません。
妻側が多額の財産分与をする必要があり、結局、プラスマイナスゼロになるという結論もあるからです。

安易に慰謝料を支払うという解決ではなく、きちんと冷静に財産調査を行い、計算をすれば、慰謝料の支払いを免れる場合も希にあるということです。

裁判離婚」カテゴリーの他の事例はこちら


片岡法律事務所の離婚・男女問題解決事例

離婚の原因
  • 不倫・浮気 不貞行為
  • DV・暴力
離婚の争点

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 不動産・住宅ローン
  • 離婚費用
  • 預貯金
  • 退職金

子どもについて

  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流
性別
  • 男性
  • 女性

手続き

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 慰謝料請求

職業

  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 主婦
  • 無職

年代

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら