離婚トラブルの解決事例

【調停離婚】婚姻生活中に支出した立替金の大部分の返還が得られた事例

  • 依頼者:女性(20代)会社員
  • 相手方:男性(20代)会社員
  • 子ども:なし

事案内容(相談までの背景)
結婚して1年目の共働きのご夫婦でしたが、夫の金遣いが荒く、妻が結婚前に貯めたお金を切り崩して生活している状況でした。

さらに結婚後の夫の借金の存在も発覚したため、妻の貯金を夫の借金の返済に充てました。
しかし、後日、夫には他にも多額の借金があることが判明したので、妻は夫に離婚を申し出ました。妻は、借金の返済など立替えて支払ったお金を返すように請求しましたが、夫からは半分しか返さないと言われたため、相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
離婚と立替金の返還を求めて、名古屋家庭裁判所に調停を申立てました。夫も弁護士に依頼しましたが、夫の弁護士は、夫と同様の主張を繰り返すだけで、法的な具体的主張を行いませんでした。

他方、当方からは、立替えて支払った費用の明細や、夫に返還義務があることを具体的に主張した上で、返還する意思がないならば、訴訟提起するので調停を打ち切ってほしいという態度を示しました。

これに対し、夫は、当初、訴訟にするならすればよいという強気な態度でしたが、結局、立替金の大半を返還するという内容で調停が成立しました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi夫婦間の立替金については、直接的な証拠がない場合が多いので、主張が困難な場合が多いです。

今回は、訴訟を見据えて、間接的な証拠をふまえて、調停段階から詳細な主張を行ったことが解決に結びついたと思います。また、最終的には訴訟提起するという強い姿勢で臨むことも重要です。

調停離婚」カテゴリーの他の事例はこちら


片岡法律事務所の離婚・男女問題解決事例

離婚の原因
  • 不倫・浮気 不貞行為
  • DV・暴力
離婚の争点

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 不動産・住宅ローン
  • 離婚費用
  • 預貯金
  • 退職金

子どもについて

  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流
性別
  • 男性
  • 女性

手続き

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 慰謝料請求

職業

  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 主婦
  • 無職

年代

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら