離婚トラブルの解決事例

【裁判離婚】無断で会社を辞め無職となった夫に離婚を求められたが拒否され、裁判にて和解離婚できた事例

  • 依頼者:妻(専業主婦・20代)
  • 相手方:夫(職業不詳・30代)
  • 子ども:3人(小学生3人)
事案内容(相談までの背景)
夫が何の相談もなく会社を辞めてきたため、妻から離婚を求めましたが、夫は離婚に応じてくれませんでした。
妻は子ども3人をつれて別居し、調停を申し立てましたが、夫は離婚に応じてくれませんでした。
夫は財産の開示もしてくれなかったため、話し合いが前に進まず、当事務所に相談に来られました。
当事務所で離婚訴訟を提起しました。

 
当事務所の活動結果
夫が開示を拒んでいた財産を、調査嘱託という手続により全て開示してもらうことができました。
財産が判明した後、これを前提として、訴訟提起から11か月目で和解により離婚が成立しました。

妻側は、子どもたちの気持ちが早く落ち着くように、早期の解決(離婚)を望んでいたので、慰謝料の請求を断念する内容で和解の提案をしました。そうしたところ一気に和解への道が開け、子どもたちの親権を妻側が取得することや、養育費を以前に取り決めた婚姻費用と同額とすること、財産分与として約350万円を支払ってもらうこと、を内容とする和解ができました。

長期化必至の雰囲気でしたので、早期離婚という妻側の希望をかなえることができ、ホッとしました。
 

解決のポイント(所感)
bengosi夫側としても、慰謝料が請求されていたことにより、感情的になっていた側面がありました。そのために、親権や財産分与についても徹底的に争うといった構えでした。
結果的には、慰謝料の請求だけこちらが譲歩したことにより、その他はこちらの望む条件で離婚することができました。相手方が何に拘っているかを理解して手を打てば、一気に問題が解決する場合があります。

裁判離婚」カテゴリーの他の事例はこちら


片岡法律事務所の離婚・男女問題解決事例

離婚の原因
  • 不倫・浮気 不貞行為
  • DV・暴力
離婚の争点

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 不動産・住宅ローン
  • 離婚費用
  • 預貯金
  • 退職金

子どもについて

  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流
性別
  • 男性
  • 女性

手続き

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 慰謝料請求

職業

  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 主婦
  • 無職

年代

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら