離婚トラブルの解決事例

【モラハラ】夫からモラハラを受けていた妻が、解決金を得て離婚を成立させることができた事例

  • 依頼者:女性(20代)会社員
  • 相手方:男性(20代)会社員
  • 子ども:1人

事案内容(相談までの背景)
結婚4年目でしたが、結婚当初から、夫の日常的なモラハラや、ヒステリックな行動があったため、妻が別居を申し出、結婚2年目から別居生活をしていました。

しかし、妻が養育していた2歳の長男の面会交流をめぐって、夫との間でトラブルとなり、結局夫が弁護士に依頼して、離婚調停と面会交流調停を申立てました。

その後、離婚調停は不調となったため、夫は名古屋家庭裁判所に離婚訴訟を提起し、訴訟対応を依頼するために妻が相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
離婚訴訟では、夫は、妻の家事や育児方法に問題があったことを主張しましたが、妻側からは夫のモラハラについて詳細に主張しました。

結局、裁判所は、夫のひどいモラハラが離婚を招いたという心証をもったため、夫から妻に対して解決金を支払う内容で和解を勧告し、和解が成立しました。

また、面会交流については、審判となっていましたが、夫が直接面会交流をすることを諦めたため、離婚訴訟において、間接的面会交流を行うことであわせて和解しました。

 

解決のポイント(所感)
bengosiモラハラについては、なかなか立証することが困難です。今回の事案では、妻が詳細に夫の言動を記録していたため、記録に基づいて詳細に主張立証し、裁判所に妻に有利な心証を抱いてもらうことができました。

配偶者の問題ある言動については、同居期間中に可能なかぎり録音を、最低限メモをしておくことが重要です。

モラハラ」カテゴリーの他の事例はこちら


片岡法律事務所の離婚・男女問題解決事例

離婚の原因
  • 不倫・浮気 不貞行為
  • DV・暴力
離婚の争点

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 不動産・住宅ローン
  • 離婚費用
  • 預貯金
  • 退職金

子どもについて

  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流
性別
  • 男性
  • 女性

手続き

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 慰謝料請求

職業

  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 主婦
  • 無職

年代

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら