名古屋離婚解決ネット HOME > 離婚問題についての知識 > 離婚の流れと種類 > 調停離婚ってどんな手続?

離婚問題についての知識

調停離婚ってどんな手続?

離婚調停とは

調停離婚ってどんな手続?

調停離婚とは、家庭裁判所で行われる調停手続を経て離婚することです。

裁判所、と聞くと難しそうな手続を思い浮かべますが、調停の基本は話し合いです。調停手続では、調停委員(通常男女各1名)を仲介役として、当事者双方が、交互に調停委員に自分の主張を伝えます。

大体30分程度、調停委員と話をしたら、相手と交代し、相手が話している間は、別の部屋で待機します。その後、また相手方と交代して調停委員から相手の主張を聞き、自分の主張を話す、ということを繰り返します。

したがって、原則として、相手方と直接顔を合わせて、離婚について話し合いをする、ということはありません

調停は何回行うの?

調停は、時期にもよりますが、大体1か月半から2か月ごとに行われます。
特に回数制限はありませんので、数回で終了することもあれば、10回以上続くこともあります。

調停の終了は?

調停委員が双方の主張を整理し、話し合いを進めていき、お互いに譲歩してうまく話し合いがまとまれば、「調停成立」により終了となります。

話し合いによる解決ができなければ、調停は不調となって終了します。

なお、離婚調停が不調となった場合には、自動的に次の手続に移行するということはありませんので、離婚したい方が、自分で離婚訴訟を起こさなければなりません。

調停手続で弁護士を頼むメリットとは?

調停手続で弁護士を頼むメリットとは?

調停は、基本的には話し合いですから、自分一人で対応することも可能です。 実際に、弁護士に依頼せずに調停を行っている方もいらっしゃいます。

しかし、調停委員や裁判所は、中立の立場ですから、当事者の一方の味方をするということはできません
また、調停の場には、親や友人など、第三者を連れて行くこともできません
そのため、あなたは、自分ひとりで、調停委員にうまく主張を伝えなければいけません。

既に調停を一人で行っている方からは、

  • 何が自分にとって有利な事実なのかわからない。
  • これは調停の場で言った方がいいことなのか教えてほしい。
  • 今相手から譲歩を求められているけれど、譲歩した方がいいのかどうかわからない。
  • 自分の主張を相手が認めないが、裁判になった場合にどうなるのか教えてほしい。

などといったご相談を受けることがよくあります。

弁護士にはいつ相談すべき?

とりあえずご自身で調停を行っていただき、困った時点でご相談いただいても、もちろんアドバイスできますが、調停の前からご相談いただければ、今後の見通しを立て、方針を決定した上で、有利に調停を進めることができます

そのため、調停が始まってからではなく、始まる前に、ご相談いただくことをお勧めします

弁護士は何をしてくれるの?

弁護士が一緒に出席します

ご相談いただいて、弁護士に調停手続を依頼していただいた場合には、弁護士が、あなたと一緒に調停の場に入り、あなたに代わって主張しますので、あなたが慣れない調停の場で、一生懸命主張する必要はなくなります。

離婚に関する難しい法的問題についても、あなたにとって有利になるように、弁護士が整理して主張をします。

調停における相手の主張や態度などによって、方針の変更が必要となることもありますが、弁護士が一緒に出席すれば、よいタイミングで、適切に方針を変更していくこともできます。

弁護士にご相談ください

弁護士を頼むかどうか迷っている方はもちろん、弁護士を頼む必要はないと思っている方も、まずは一度ご相談いただき、ぜひ当事務所の離婚に強い弁護士の話を聞いてみてください

離婚の流れと種類についてさらに詳しく知りたい方はこちら

協議離婚
裁判離婚
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

ページの上部へ