離婚トラブルの解決事例

【財産分与・慰謝料・婚姻費用・不倫】不貞をした夫との間で、住宅の財産的価値を高めに、また、妻の特有財産を考慮してもらって、財産分与ができた事例

  • 依頼者:女性(30代)会社員
  • 相手方:男性(40代)自営業
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
夫の行動が怪しく、また、離婚を切り出してきたので、これを怪しんだ妻が、探偵を雇い、夫が不貞をしていることが判明しました。

夫は不貞を一応認めましたが、住宅ローン付の不動産があったため、財産分与をどうするかでもめました。また、不動産を購入する際に、妻の親から1000万円の贈与があったことから、これをどのように財産分与で考慮するかが問題となりました。

別居前から、どのような対応をすればよいかご相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
別居する前に相談に来ていただいたので、別居後の生活を安定させることを第一に考えました。

まずは、一人でも暮らしていけるように、就職活動をしてもらうよう、要請し、しっかりした就職先が決まったら、すぐに生活費を支払ってもらう調停を行いました。

また、夫と妻の名義の財産をすべて調査しておいてもらい、すぐに財産分与の提案ができるように資料を準備してもらいました。

離婚調停を申し立てましたが、早期に財産分与の提案をしました。
妻の特有財産の証拠を早期にまとめ、裁判所に提出して、妻特有財産を考慮した財産分与案を提案しました。
比較的早期に財産分与についても協議ができ、早期に和解することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi妻の特有財産をどうやって算定するかは専門的な知識が必要です。

計算方法によっては、妻にとって有利不利があり、できる限り有利な計算方法を採用する必要があります。

本件では、早期に妻の特有財産の主張ができたため、これを前提に和解案の検討が進められました。
おかげで比較的短期間に事件解決ができました。

【財産分与】調停不調となった後、弁護士間で交渉し、協議離婚が成立した事例

  • 依頼者:女性(30代)会社員
  • 相手方:男性(30代)会社員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
妻は、夫からのモラハラを長年我慢していましたが、耐えきれなくなり、子どもを連れて別居を開始しました。

夫に対し、離婚を求めましたが、夫は強く離婚を拒否したため、妻は自分で名古屋家庭裁判所に離婚調停を申立てました。

しかし、調停も不調に終わってしまったため、訴訟を起こしたいということで相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
妻はすぐにでも訴訟を起こしたいということでしたが、弁護士の介入により協議が進む可能性があったため、夫に対し、離婚協議に応じないのであれば名古屋家庭裁判所に離婚訴訟を提起するという通知書を送りました。

すると、すぐに夫も弁護士に依頼し、双方弁護士を通じて離婚についての話し合いを進めることができ、最終的には離婚協議書を作成して協議離婚が成立しました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi調停が不調となった場合、離婚したい側としては、次に訴訟を提起することになります。

もっとも訴訟は、色々な面でハードルが高く、負担も大きいため、可能であれば協議解決を目指すべきです。

弁護士が入ることにより、離婚が避けられないものと相手方に認識させることができ、協議が進むこともありますので、早期離婚を目指す場合には、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

【財産分与・婚姻費用】夫が結婚前の預貯金を使って自宅を建て、ローンを返済していったケースで、特有財産を加味して割合的に財産分与を認めてもらった事例

  • 依頼者:女性(50代)無職
  • 相手方:男性(50代)会社員
事案内容(相談までの背景)
妻が夫からモラハラを継続的に受けているということで、別居し、婚姻費用請求をしたいということから、依頼を受けました。
早速、婚姻費用分担調整を申立てましたが、夫から離婚調停が申し立てられました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
まずは、婚姻費用分担調停については、算定表に則り、合理的な金額を調停委員会で算定してもらい、特に、妻側は働けないということを前提に収入ゼロとして婚姻費用の和解を成立させました。

次に、離婚については、こちらから、離婚したいという意思は無い、として、離婚そのものを拒否しました

調停が不成立となり、夫は妻に対して離婚訴訟を提起しました。当方も婚姻費用を得られるように、長期戦を視野に入れていましたが、裁判所から和解勧告があり、和解勧告の内容よりも100万円以上アップする和解を提案し、最終的には100万円以上アップした980万円の財産分与を認めてもらって和解をしました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi相手方の収入が高い場合には、焦って離婚を選択する必要はありません。本件では、夫が高収入であるため、時間をかけて財産分与の論点を検討することが重要だと思いました。

離婚の財産分与では、夫婦が特有財産を投入したときの算定方法が問題となります。、計算方法によっては、大幅に有利不利が変わりますので、理屈づけをよく検討して、主張すべきことになります。

婚姻費用が高額だと、早期に離婚してもらいたいがために、夫側は多少色をつけて解決してくれることもあります。正当な請求が拒否されたら、しっかり主張し、短期では終了できないことを印象づけるべきです。今回は、しっかり主張したため、短期的解決は困難と夫側に思わせることができたので、上積みがなされたのだと思います。

【財産分与・面会交流・親権・婚姻費用】夫の突然の離婚請求に対し、子供の学費をふまえ、相当額の財産分与の上積みをしてもらって調停を経ること無く離婚をした事例

  • 依頼者:女性(40代)無職
  • 相手方:男性(40代)会社員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
ふとした喧嘩で夫が実家に帰っていたところ、夫が弁護士を立てて離婚を申し入れてきました。
妻としては、その程度のことで離婚になるとは思っていなかったことから、どうしたらよいか、途方に暮れた状態で相談され、受任することになりました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
夫側の離婚の決意が固かったため、いずれ離婚になることをご依頼者様に説明し、そのことに備えた体制作りをする必要があることを説明しました。
妻は専業主婦であったため、就職を検討してもらい、なるべく条件の良いところに勤務するように依頼しました。
そして、生活費を夫に請求し、子供が受験生であることから、受験のための費用を負担してもらうよう交渉しました。
就職後、離婚を前提に財産分与の交渉を行い、退職金の折半、ローンのあるマンションの売却協力、扶養的な財産分与の交渉を行いました
退職金や扶養的財産分与については、相手方も反論しましたが、双方が何とか納得のできる金額で合意をまとめることができました。
妻が親権をとった子供の養育費については、離婚後も子供の将来に影響を与えないように学費等の負担については上積みができる余地を残し、また財産分与も多めにすることによって、なるべく支障が出ないように合意することができました
お子さんについては、離婚を迫るお父さんに対して反発していたことから、親権は妻側に、面会交流もしないというスタンスで臨みましたが、何とか夫側に理解をもらいました。
離婚調停や面会交流調停等の手続は回避できないと思っていましたが、相手方弁護士との間で交渉がうまくいき、調停を申し立てずあるいは申し立てられずに解決できました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi退職金については、財産分与の対象になることはほぼ争いが無くなってきてはいますが、その計算方法については、退職が将来のことであるため、深刻な対立原因となります。穏当なところで解決することが重要です。

扶養的な財産分与については認められる余地は少ないのですが、本人の置かれた状況や子供の生活等相手方の感情に訴えかける内容を提示する必要があります。今回は夫側に子供の進学に支障を来さないようにしたという思いがあったので、穏当な解決ができたと思います。

【財産分与・婚姻費用】結婚してから日の浅い夫婦について、離婚調停を経ることなく離婚を成立させ解決した事例

  • 依頼者:女性(30代)無職
  • 相手方:男性(30代)会社員
  • 子ども:なし
事案内容(相談までの背景)
婚姻生活がまだ数ヶ月しか経過していないのですが、喧嘩が絶えず、妻が別居したところ、夫が弁護士を立てて妻に対して離婚を請求してきました。
妻としては、自分も弁護士を立てて不当な要求には応じないようにしたいということで受任することになりました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
当方から相手方に受任通知を送り、まずは婚姻費用を支払うよう要求しました。これによって、離婚の条件を少しでも良くしたいと考えました。
しかし、この事案では、相手方の収入が低く、また、こちらも臨時的な収入があったため、あまり高額な婚姻費用が請求できない状況であったため、こちらに大幅に有利な解決は望めませんでした。
そこで、なるべく早期に離婚を成立させる方向性で交渉を行いました
婚姻時に購入した財産をどう分けるかを協議し、お互い納得できる分配条件となったため、和解しました。
調停を経ることなく離婚を成立させることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi婚姻費用が請求できる事案であれば、それをてこに有利な条件で離婚を成立させることができる場合があります。
本件では、あまり芳しい結果は得られませんでしたが、それでも不当な条件を押しつけられることがなく、早期に穏当な解決ができたのは、少額でも婚姻費用が請求できる事案だったからだと思います。
なお、同じ離婚条件ならば、調停を行わずに早期に解決できる方が傷口が浅くて済むと思います。弁護士を依頼して頂くメリットの1つかと思います。

【財産分与・慰謝料・面会交流・婚姻費用】高額所得者の婚姻費用・養育費を比較的低額におさえた事例

  • 依頼者:男性(40代)会社役員
  • 相手方:女性(40代)専業主婦
  • 子ども:3人
事案内容(相談までの背景)
夫も妻も高額歴であり、夫は会社役員として数千万円の所得がありました。
妻は夫の些細な言動にヒステリックに怒り、ある日、子供達をつれて家を出て実家に帰ってしまいました。
妻から、高額の婚姻費用の支払いを求める調停が申し立てられたため、夫が当事務所に相談にいらっしゃいました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
まず、最初に、妻からの高額な婚姻費用の請求に対応しました。
妻側は100万円を超える婚姻費用を請求してきたため、生活費としては異常であるとして、裁判官の論文を引用しつつ反論を行いました。
結果的には、婚姻費用は実際に必要な金額をベースに積み上げ方式で算定し、半額程度で合意できました。
その後、別居が継続したので、こちらから離婚調停を申し立てました。
妻側は生活費は確保したかったのか、離婚には応じませんでした。
やむなくそのまま訴訟に移行し、財産分与も算定しましたが、妻側は財産分与割合を50:50で譲りませんでした。
最終的には裁判例を引用し、夫60:妻40で和解を成立させることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi高額所得者の離婚では、一般人の離婚ルールとは異なる基準で解決すべき課題がいくつもあります。
医師、会社経営者、スポーツ選手などは特殊な才能をもって高額の収入を得ていますので、そのことを勘案した特別なルールが適用されるのです。たとえば、財産分与の2分の1ルールは適用されない場合がままあります。
高額所得者の事案を一度も扱っていない弁護士事務所もあると思いますが、そのような事務所では依頼者にとって有利な解決はできない可能性があり、注意が必要です。

【財産分与・慰謝料・不倫】夫の代理人、妻の代理人、不貞相手の代理人弁護士の三者間で協議して合意成立した事例

  • 依頼者:女性(40代)専業主婦
  • 相手方:男性 会社員
  • 子ども:なし
事案内容(相談までの背景)
結婚5年目の夫婦でしたが、夫から突然離婚を切り出されたということで妻からの相談をうけました。妻は離婚したくなかったのですが、夫との協議途中で、夫の不貞行為が発覚し、自分の希望する条件であれば離婚してもよいという気持ちになりました。
しかし全く条件面で折り合いがつかなかったため、夫は弁護士に委任し、離婚調停を申立てました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
調停を起こされた後、妻から夫の不貞相手に対して、慰謝料を請求する旨の内容証明郵便を送付しました。
不貞相手も弁護士に委任し、以後夫の弁護士、妻の弁護士、不貞相手の弁護士の3者間で全体の解決方法について協議しました。
最終的には、妻から夫と不貞相手それぞれに対して請求した慰謝料満額に加え、元々妻が要求していた自宅の財産分与もなされることになり、ほぼ妻の要求どおりの内容にて解決することになりました。
なお不貞相手は調停の当事者ではないため、調停外で合意書を作成し、調停は取下げるという形で終了しました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi配偶者の不貞が発覚した場合、いつ慰謝料を請求するかが問題です。
請求すべきタイミングは事案によって異なりますが、一般的には最初は不貞行為について知っていることを隠しておいた方がよいことが多いです。
今回はよいタイミングで請求ができ、三者まとめて解決できた上、解決内容はほぼ希望どおりの内容ということで、大変よい結果となりました。

【財産分与・面会交流・婚姻費用】財産分与・養育費・面会交流と争いがたくさんある事例について、なんとか調停で満足のいく解決ができた事例

  • 依頼者:男性(40代)会社員
  • 相手方:女性(40代)兼業主婦
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
妻が突然子どもを連れて家を出て、弁護士を立てて離婚と婚姻費用分担調停を申し立ててきました。

夫は、ひとまず子どもとの面会交流を申し立てましたが、妻側が子どもを会わせられないと主張したため、困り果て、相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
まずは、面会交流の申入れをしました。しかし、なかなか面会は実現せず、あれこれ条件をつけられました。

当初は、弁護士立会いの短時間の面会を行い、後に徐々に長時間の面会が行えるようになりました。

調停は何度も行いましたが、相手方が隠している財産がいくつかあり、それを調査嘱託等の手続で明らかにし、適正な財産分与額を算定しました。

相手方は養育費に加え、子どもの学習塾費用の加算を求めましたが、円滑な面会を実現するためにこれを一部だけ飲み、調停離婚を成立させることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi離婚調停に伴って子どもへの面会ができなくなるケースは非常に多いのですが、本件は、弁護士を通じての調整を行い、なんとか円滑にできるようになりました。

また、隠された相手方財産を調査手続によって開示させることができ、満足できる内容の和解を成立することができました。

【財産分与・慰謝料・婚姻費用】妻側から相場よりも多額の財産分与・婚姻費用請求されていましたが、適正な金額に減額して早期に離婚が成立した事例

  • 依頼者:男性(30代)会社員
  • 相手方:女性(30代)専業主婦
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
妻が些細な喧嘩で子供を連れて実家に帰ってしまい、その後、何ヶ月経過しても実家から戻ってきませんでした。

その後、何度も話合い、離婚することについてはまとまりましたが、婚姻費用・養育費や財産分与について隔たりが大きく(財産分与額については、30万円程度、養育費については1万~3万の開きがありました。)、妻側から離婚調停が申し立てられました。

婚姻費用等について新しく弁護士会で提言した高額な金額が請求され、また、財産分与請求も過大であったため、夫側が相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
調停が始まる前に相手方代理人と何度もやりとりし、財産分与や養育費について議論をしました。
当方の主張を論拠をもって主張しておきました。その上で、第1回目の調停に臨みました。

最初のやりとりでは、従前当方が主張していた財産分与額や養育費額より少し高い請求がありました。従前相手方が主張していた内容から大幅に条件を下げた内容でした。

その後、当方の主張にさらに近づいた条件となったため、当日に和解することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi1回の調停で離婚の和解が成立することはまずありません。

このように早期に成立できたのは、事前にこちらの条件を明確に提示し、相手方の要求が無理筋であることをあらかじめ理解してもらえたことが理由なのではないか、と思っています。
離婚調停まで何もアクションをしていなければ、無駄に調停期日を重ねることになったと思われます。

【協議離婚・財産分与】有責配偶者である夫から妻に対して離婚を申し入れ、協議離婚を成立させた事例

  • 依頼者:男性(50代)自営業
  • 相手方:女性(50代)自営業
  • 子ども:3人(成人)
事案内容(相談までの背景)
結婚30年目の夫婦でしたが、夫の不貞行為を理由として、別居するに至りました。

夫は離婚を希望しましたが、妻はこれに応じず、妻からは不貞相手に対する慰謝料請求がなされました。

それでも夫はどうしても離婚したいということで、妻との交渉を弁護士に委任するために来所されました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
妻に対して離婚協議を申し入れたところ、妻も弁護士に委任しました。その後弁護士同士で離婚について協議し、夫名義の財産をすべて開示した上で、財産分与額を算定し、妻に提示しました。

妻からは財産分与に加え、一定額の解決金の支払いを求められましたが、交渉の結果、妻請求額からは減額した額にて、早期に合意ができました。結局、早期に離婚協議書を作成の上、協議離婚することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi婚姻関係を破たんさせた側の配偶者(有責配偶者)からの離婚請求は、訴訟においてはなかなか認められません。ただし、もちろん永久に離婚が認められないというわけでありません。

直ちにあきらめることなく、適切な案を提示の上交渉した場合、今回のように、早期に協議離婚が成立することもあります。

【裁判離婚・財産分与】離婚を拒絶する妻との間で、尋問前に和解離婚を成立させた事例

  • 依頼者:男性(50代)公務員
  • 相手方:女性(50代)専業主婦
事案内容(相談までの背景)
結婚10年目でしたが、専業主婦の妻の浪費がだんだん激しくなり、夫が離婚を希望して家を出る形で別居を開始しました。しかし、妻は絶対に離婚したくないと強硬に主張しました。

夫は名古屋家庭裁判所に離婚調停を申し立てましたが、不調に終わったため、弁護士に依頼して訴訟提起したいということで相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
離婚訴訟でも、妻は相変わらず絶対に離婚したくないとの主張を繰り返しました。

しかし、夫は早期離婚を希望していましたので、財産関係について詳細な主張をした上で、裁判所に対し、和解協議を提案しました。裁判所からは双方の財産関係をふまえた具体的な和解案が提示され、数度の協議を経て、結局尋問前に和解が成立しました。

妻名義の資産の方が多かったため、相当額の財産分与も受けることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi早期に離婚を成立されることを希望される方は多いですが、調停、訴訟を経なければならないため、どうしてもある程度の時間を要します。

このような制約の中でもできるかぎり早期に進行すべく、自己の主張の仕方や裁判所への働きかけを工夫した結果が功を奏しました。

【離婚交渉、財産分与】話し合いができない状態であった妻との間で、短期間で離婚が成立した事例

  • 依頼者:男性(40代)
  • 相手方:女性(40代)
  • 子ども:子はいない。
事案内容(相談までの背景)
依頼者は、妻と別居後数年経っていましたが、手紙を出しても返事が来ず、途方に暮れていました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
ご依頼いただき、妻と連絡をとり、妥当な財産分与をご提案しました。
その後書面と電話のやり取りを何度かおこないました。

調停をおこなうと半年以上かかることは珍しくありません。
しかし、本件では3か月程度で、離婚協議を成立させることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi妻は、精神的な問題を抱えており、夫と話し合いをすることができない状態でした。
また、どのような解決が妥当なのかもわからないため、何から手を付けてよいかもわからない状態でした。

弁護士が間に入ることで、冷静に話を進めることができ、短期間で離婚協議を成立させることができました。

【財産分与】将来支給される予定の退職金を含めて、財産分与を受けることができた事例

  • 依頼者:女性(40代)
  • 相手方:男性(40代)
事案内容(相談までの背景)
離婚届を提出した後、住宅ローンの残っている共有名義の自宅について、夫が居住することで合意し、妻は、自分の持分を夫に財産分与として譲渡しました。
また、夫婦双方の名義の預貯金について、合算して2分の1ずつに分けました。

夫は、妻に対し、これで財産分与は終了したから、今後何も請求しないと約束しますという書面に署名押印するように求めましたが、妻は、署名押印する前に念のため弁護士に相談しようと考えて、ご相談にみえました。
当方では、既受領分以上に財産分与を請求できる内容であると判断したため、調停を申立てました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
調停では、夫に対し、生命保険、株式、退職金などの資料開示を求めました。
また、自宅は、オーバーローン状態ではなく、時価が若干残ローン額を上回る状態と考えられたため、時価を具体的にいくらと算定するのかも問題となりました。
当方では、信頼のおける不動産業者に査定を依頼し、査定結果に基づき時価を主張しました。
最終的には、夫から、各種財産に関する資料がすべて提出され、予定される退職金も含めて財産分与金額につき合意に至り、200万円の支払いを得ました。
夫は、一括して支払うのは難しいとも主張していましたが、結局、200万円は、調停成立時に全額現金で支払ってもらうことができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi離婚した後でも、2年間は財産分与を請求することができますので、相手と何か約束をしてしまう前に、弁護士にご相談いただくことが重要です。
今回も、粘り強く相手と交渉し、支払いを得ることができました。
ただし、離婚して、財産も一部分与などしてしまうと、交渉材料が少なくなってしまうため、離婚前にご相談いただくのがベストです。
また、不動産は、共有財産に占める金額が大きいため、その価値をどのように評価するかは極めて重要です。
信頼のおける不動産業者に適切な査定を行ってもらったことが、よりよい解決につながったと思います。

【財産分与】特有財産の主張が認められ、財産分与の支払額を減らすことができた事例

  • 依頼者:男性(60代)
  • 相手方:女性(50代)
  • 子ども:2人
事案内容(相談までの背景)
夫名義の不動産が複数ありましたが、その一部(自宅)は婚姻中に夫の収入から得たものではありませんでした。
そこで、自宅については特有財産の主張をしました。

 
当事務所の活動結果
自宅は夫名義でしたが、婚姻中に購入した財産であったため、夫の収入から得たものではないことを証明しなければなりません。
自宅購入の原資について、預金の履歴を取り寄せて分析したり、相続した不動産を売却したときの売買契約書を探してもらったりして、お金の流れを具体的に立証しました。

判決では、特有財産性が認められ、自宅は財産分与の対象とはなりませんでした。
 

解決のポイント(所感)
bengosi特有財産といっても、夫婦が婚姻中に得た財産であると、特有財産であることを証明しないと、財産分与の対象とされてしまいます。
その場合、取得したときの対価の出所を立証することになりますが、他人のお金であればともかく、自分のお金だとそう簡単ではありません。
たとえば銀行の取引履歴などは、一定以上前のものは取り寄せできないことも多いのです。
今回は、依頼者が物持ちのよい方だったので、立証しきることができました。

【財産分与】妻から慰謝料を請求されましたが、お金を支払ってもらった上で和解することができた事例

  • 依頼者:男性(30代)
  • 相手方:女性(30代)
  • 子ども:2人
事案内容(相談までの背景)
妻は、夫の暴力や浪費を主張し、離婚と慰謝料を請求してきていました。
夫にも言い分があり、また、子どもとの面会交流も求めていました。

 
当事務所の活動結果
しかし、妻は夫婦の財産を管理しており、妻名義の財産の方がかなり多くありました。
そこで、夫から財産分与を申し立て、妻名義の財産を開示させて、妻から夫へ財産分与すべき金銭があることを主張しました。
裁判所は、財産分与については当方の主張の大部分を認めた上で、双方に譲歩を求め、面会交流も含めた包括的な和解案を提示しました。
夫も、なるべく早く解決して、気持ちよく子どもと会いたいという気持ちも強かったので、和解を成立させました。
 

解決のポイント(所感)
bengosi夫婦で築いた財産の半分以上が妻名義になっている場合には、夫から妻への財産分与請求も可能です。
早い段階で、妻に財産の開示を求めたことで、早期に双方の財産が明らかになりました。
また、妻からは、特有財産の主張がありましたが、法的に説得力のある反論をすることで、裁判所も当方の主張をおおむね認めてくれました。
妻は、慰謝料についても強硬な態度でしたが、最終的には面会交流も含めた包括的な和解ができ、依頼者にも大変満足していただけました。

【財産分与】財産分与の対象の夫名義のマンションを、売却して残った銀行からの借入金を、夫と妻の年収で清算できた事例

  • 依頼者:女性(30歳代、大手企業会社員)
  • 相手方:男性(30歳代、中堅企業会社員)
  • 子ども:無し
事案内容(相談までの背景)
離婚には双方合意していましたが、マンションの処理について意見が対立しました。
妻が一人でマンションに住み、夫は実家に戻っていたので、夫は、マンションを高く評価して、銀行ローンを妻に肩代わりさせようとしました。

 
当事務所の活動結果
マンションも一人住まいとしては広すぎるので、夫に足下を見られないためにも、売却を勧め、残った銀行ローンを、双方の収入に応じて、妻が4、夫が6で、清算することになりました。妻の方が今後昇給を期待できる職場なので、よい決断をしたと思います。
 

解決のポイント(所感)
bengosiオーバーローンの夫婦共有不動産の清算については、よく問題になり、特に妻が専業主婦の場合、残った銀行ローンを妻に負担させられるか、が議論されます。本件では妻が安定した会社に勤めていたため、収入の割合で負担することになりました。
 
 

【財産分与】夫婦の名義の預貯金・有価証券の半分近くが、夫婦の共有財産から除外でき、財産分与を免れることができた事例

  • 依頼者:女性 (50 歳代、無職)
  • 相手方:50歳代、会社員、婿養子(妻の両親と養子縁組していました)
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
妻の母は8年前、妻の父は2年前に死亡し、養子縁組のため、相手方は妻側の両親から遺産を相続していました。そして、相手方は1年前に家を出て別の女性と同居しました。
妻の父は、生前、依頼者と相手方の名義で多額の預貯金・有価証券投資をしていました。依頼者は、実父がお金を出していたのだから、夫婦共有財産ではなく相続財産だと主張しましたが、相手方は夫婦で蓄えたお金だと言い張りました。

依頼者側としては、「夫婦の収入からは、これだけ多額の預金はできなかった」、「証券会社との取引のやり取りは妻側の父がやっていた」と根拠を説明しました。

 
当事務所の活動結果
預貯金・有価証券についてだけ遺産確認訴訟をすることも可能でしたが、手間暇がかかることを考えて妥協しました。
預貯金(夫婦名義の財産の約30%を占める)のみを夫婦共有財産とし、有価証券 (全体の約70%)を共有財産からはずしました。
夫婦の共有財産だとすれば、相手方に2分の1を渡さなければなりませんが、遺産分割だと相手方は相続分(このケースでは4分の1になります)しか手に入れることができません(離婚調停で解決。)。
依頼者の父がお金を出したとの直接証拠がないですが、状況的には父親が出した可能性が強いことを強調して、このような結果を得ることができました。
 

解決のポイント(所感)
bengosi離婚と、財産分与・慰謝料請求・養育費の問題を切り離すことは、一般的には避けた方が良いです。財産分与・慰謝料請求・養育費は別々の家事調停・訴訟となり、手間暇が余分にかかります。
家族などの名義を借りて預貯金・有価証券投資することは将来、今回のようなリスクを発生させることになるので、避けた方が良いと思います。

ただ、お金の流れや、借名名義であることを、はっきりした形で、証拠を残しておくことによって、ある程度紛争を防止できるでしょう。

【財産分与】夫の不倫が原因で離婚した後に、妻から慰謝料や財産分与、親権者変更を請求し、調停で妻側の希望に沿った和解ができた事例

  • 依頼者:女性(40代会社員)
  • 相手方:男性(40代会社員)
  • 子ども:2人(高校生)
事案内容(相談までの背景)
本来、不倫をしたのは夫なので、責められるのは夫側ですが、妻は夫からの度重なる離婚要求により、離婚届を作成してしまいました。
親権者を夫にすることまで同意してはいませんでしたが、夫が勝手に離婚届の親権者を夫にする記載をしてしまいました。
子ども達は妻の方についていったので、妻としては、親権者を変更したり、養育費を請求する必要がありました。
また、慰謝料や財産分与など、財産問題を処理しないままにしていたので、これらの問題を一挙に解決すべく、当事務所に相談に来られました。
当事務所では早速調停を申し立てることにしました。

 
当事務所の活動結果
調停の中で、妻側から、親権者変更、養育費請求、財産分与請求、慰謝料請求を行ったところ、夫側にも弁護士がつき、慰謝料や親権者変更、養育費については早い段階で妻側の言い分がほぼ認められる形で合意することができました。
財産分与については、相互に資料を開示する中で、お互いに隠している財産が無いか、双方の弁護士の説得もあって正直に開示しあい、夫の退職金も含めて、きちんと財産分与額を算定することができました。なお、夫の退職金については、夫が退職時に支払義務を負担するという合意ができました。
なお、養育費については、子どもが大学を卒業する時までの支払を受けられるように合意しました。
 

解決のポイント(所感)
bengosi早期の段階で争点を財産分与に絞りこむことができ、比較的早く(約半年)調停で和解を成立させることができました。
不毛な争いが避けられたので、依頼者の方も多少の財産上の譲歩を行う精神的余裕が生まれたのが良かったと感じました。
 
 

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら