名古屋離婚解決ネット HOME > 離婚問題についての知識 > 離婚と浮気 > 不貞のトラブルを家族や職場に知られずに解決したい方

離婚問題についての知識

不貞のトラブルを家族や職場に知られずに解決したい方

不貞が相手の配偶者に知られてしまうと・・・

既婚者と不貞行為(不倫・浮気)していることを不貞相手の配偶者が知ると、当該配偶者から、不貞行為の慰謝料等を請求されることがあります。

不貞のトラブルを周囲に知られたくないという悩み

不貞のトラブルを家族や職場に知られずに解決したい方

不貞の損害賠償請求に関連して、よくご相談で伺うのが、家族や職場に知られないように解決できないかという内容です。

特に、自分にも家庭がある場合(いわゆるダブル不倫の場合)や、職場の同僚との不倫関係であるような場合には、不貞行為が唐突に暴露されて離婚危機になってしまうことや、職場で居づらくなってしまうリスクもありますから、このような悩みは、とても深刻であり、早期の対応が必要です。

もちろん、周囲に言いふらしたり、「慰謝料を払わないなら、ばらすぞ」などと脅すなどの行き過ぎた行為は、名誉毀損や脅迫などの違法行為にもあたりうるものです。

しかし、「何ら回答が貰えないので書面を送ります」など、違法とは言いがたい、もっともらしい理由で郵便を送りつけたりするなどされて、事実上、家族や職場に不貞のトラブルが知られてしまう場合があります。

どういう対処をすべきか

(1)相手方の感情に配慮を

早期の対応をするにあたっては、相手方の感情に配慮することが非常に重要です。

周囲に知られないうちに早く決着させようとして、相手方に対して、「元はと言えば、原因はあなたにあるのではないか」「慰謝料が高すぎる」などと一方的に責め立て論駁しようとしたり、無視を決めこんでしまったりすると、却って相手方の感情を刺激して、行動をエスカレートさせてしまうことがあるので、相手方の気持ちを考えた上で交渉することが大切です。

(2)協議が整ったら合意書(示談書)を

金額が合意に至ったら、合意内容をまとめた合意書を作成し、双方が署名押印します。

このとき、周囲に言いふらされる恐れがある場合には、不貞の事実や合意書の内容を口外することを禁止する口外禁止条項を入れておくことが有益です。

弁護士に交渉を依頼するという選択肢も

早めに弁護士にご相談いただくと、弁護士は、まず、相手方に対して、弁護士が代理人になったので、今後は、本人やその家族、職場に連絡をとらずに、弁護士に連絡してきて欲しいという内容の書面を送ります。

弁護士が間に入ると、多くの方は、不用意な行動は控えなければ、と考えて、直接交渉することを控えるようになります。

また、弁護士から、不当に周囲に言いふらすことは、犯罪にあたる場合もある等の説明を受けることで、弁護士を通じた交渉に応じて下さる場合もあります。

終わりに

本人同士での交渉は、往々にして感情の対立が激しくなり、難航しがちです。そういった意味でも、弁護士が関わることで、問題を解決しやすくなるといえます。

お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

ページの上部へ

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。  
相談料 30分 5,000円(税別)より

地図

詳細はこちら

離婚相談票pdfダウンロード