名古屋離婚解決ネット HOME > 離婚トラブルの解決事例 > 離婚問題の解決事例 > DV保護命令

離婚トラブルの解決事例

離婚トラブルの解決事例

【DV保護命令】妻からのDVの申立てを排斥することができた事例

  • 依頼者:男性(50代)
  • 相手方:女性(50代)
  • 子ども:1人(小学生)
事案内容(相談までの背景)
相手方が子どもを連れて家を出て別居すると同時に、DVがあるとして保護命令の申立がされました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
DVなどまったく身に覚えがない夫は、いきなり妻から裁判を起こされ、寝耳に水で、かなり動揺していました。
同時に離婚の調停も起こされ、慰謝料の請求もされました。

ただちにご依頼いただき、DVが全く事実でないと反論しました。
最終的に、DV保護命令は発令されず却下されました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi妻の主張は不合理な点があり、効果的な反論ができたおかげで、DVは認められませんでした。

離婚を有利に進めるためにありもしないDVを申立てられたことに対し、依頼者はかなり憤っていましたが、最終的にDVがないと認められ、ほっとしていました。

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら