離婚トラブルの解決事例

【不倫】妻が第三者と不貞したが、その期間が数か月であった事案で判決で夫に対する慰謝料請求が認められた事例

  • 依頼者:男性(30代)会社員
  • 相手方:男性(30代)会社員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
妻が職場の同僚と不貞関係に陥り、結果的に、夫とは別居するに至りました。
妻との婚姻関係が破綻したのは、その同僚のせいだということで、慰謝料請求をしてほしいということで受任しました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
当方から、一回内容証明郵便を送りましたが、相手方からは反応がありませんでした。

そこで、やむなく訴訟を提起しましたところ、相手方は、
①不貞関係の期間がごく短期間(数ヶ月)、②今は交際していない、③元々夫婦仲は悪かった筈、と主張して慰謝料額の大幅減額を主張しました。

尋問で、不貞相手の悪性を立証し、最終的に判決に至りました
認容額は、慰謝料額140万円と弁護士費用14万円でした。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫相手というのは往々にして、配偶者から夫婦仲が悪い、等聴いているものです。
しかし、配偶者は不倫相手に同情してもらいたいため、大げさに言うものです。

そもそも夫婦仲というものは客観的な証拠は殆ど無く、裁判でも言いっぱなしになることが多いのであまり意味のある主張ではありません
本件でも、さしたる証拠は無く、むしろ夫婦仲はそれほど悪く無かったことの資料を提出して、きちんと慰謝料を認めてもらいました

ただ本件では少し認容額が低かったです。それは、不貞関係の期間がごく短期間であり、まだ正式離婚にはなっていなかったことが影響していると分析しています。

【慰謝料・親権者指定・婚姻費用・不倫】不貞をした夫に長期間の生活補償を約束して離婚調停を成立させた事例

  • 依頼者:女性(30代)パート
  • 相手方:男性(40代)会社役員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
結婚して10年が過ぎた夫婦ですが、夫が何度も浮気を繰り返し、奥さんとしては我慢の限界であるとして離婚をしたいと相談がありました。
ひとまず別居してもらい、婚姻費用分担調停を申し立てました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
夫は借金が多かったため、財産分与はあまり期待できない事案でした。そこで、慰謝料の増額と、婚費と養育費の差額の獲得、を目標に調停での交渉を重ねました。
当方から離婚を申し出ると、上記差額が獲得できず、不利であると判断し、最後まで妻側から夫に対して離婚を請求しませんでした。
最終的に、夫が浮気をしていたことを前提に、夫側から妻側に子供達が独り立ちするまでの間の生活補償的な解決金支払いをさせることを約束させ、早期に離婚調停を成立させました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi浮気をした者は、有責配偶者となり、有責配偶者からの離婚請求は基本的に認められません。
したがって、有責配偶者は長期間離婚が認められず、婚費を払い続けることになります。
これは相手方にとって大変有利ですが、他方で、嫌いな相手といつまでも離婚できないという点では苦痛です。
とすると、長期間の生活補償を得ながら早期に離婚できれば、非常に依頼者にとって有利です。相手方としてもその方がお金を払いやすい(早く離婚できるから)と言えます。
お互いの利害が合致すると良い解決となります。

【財産分与・慰謝料・不倫】夫の代理人、妻の代理人、不貞相手の代理人弁護士の三者間で協議して合意成立した事例

  • 依頼者:女性(40代)専業主婦
  • 相手方:男性 会社員
  • 子ども:なし
事案内容(相談までの背景)
結婚5年目の夫婦でしたが、夫から突然離婚を切り出されたということで妻からの相談をうけました。妻は離婚したくなかったのですが、夫との協議途中で、夫の不貞行為が発覚し、自分の希望する条件であれば離婚してもよいという気持ちになりました。
しかし全く条件面で折り合いがつかなかったため、夫は弁護士に委任し、離婚調停を申立てました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
調停を起こされた後、妻から夫の不貞相手に対して、慰謝料を請求する旨の内容証明郵便を送付しました。
不貞相手も弁護士に委任し、以後夫の弁護士、妻の弁護士、不貞相手の弁護士の3者間で全体の解決方法について協議しました。
最終的には、妻から夫と不貞相手それぞれに対して請求した慰謝料満額に加え、元々妻が要求していた自宅の財産分与もなされることになり、ほぼ妻の要求どおりの内容にて解決することになりました。
なお不貞相手は調停の当事者ではないため、調停外で合意書を作成し、調停は取下げるという形で終了しました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi配偶者の不貞が発覚した場合、いつ慰謝料を請求するかが問題です。
請求すべきタイミングは事案によって異なりますが、一般的には最初は不貞行為について知っていることを隠しておいた方がよいことが多いです。
今回はよいタイミングで請求ができ、三者まとめて解決できた上、解決内容はほぼ希望どおりの内容ということで、大変よい結果となりました。

【不倫】不倫相手の夫からの高額な慰謝料請求を裁判で減額させた事例

  • 依頼者:男性(40代)会社員
  • 相手方:男性 会社員
  • 子ども:なし
事案内容(相談までの背景)
依頼者は外国人であり、仕事の都合で日本に一時的に単身赴任してこられた方でした。日本に滞在している間、一時交際し不倫関係にあった女性の夫から高額な慰謝料の支払いを求める訴訟を提起されたため、来所されました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
裁判では、不倫相手の夫である相手方が、精神的苦痛が大きかったことや、高額の弁護士費用がかかっていることを根拠に、高額の慰謝料を請求する姿勢を崩しませんでした。そこで、裁判では、交際期間が短かったことや、弁護士費用全額が損害とは認められないこと、といった減額のポイントとなる点を強調しました。
判決では、慰謝料分は通常の範囲内の額に抑えられ、また、弁護士費用分も1割という通常の範囲の負担額に抑えられました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不貞による損害賠償請求では、慰謝料に加え、弁護士費用や、不貞の事実に関する探偵による調査費用が併せて請求されることがあります。これらの費用分が裁判で認容されるかは、弁護士や探偵への依頼が必要な事案だったかという点が重視される傾向があります。認容の場合、弁護士費用については1割程度が多いようです。
なお、外国人が請求相手である場合、一時的な日本滞在であることが多いため、そもそも訴状の送り先が特定できない等の理由で、訴状を相手に送達することが困難となるケースが多い点には、注意が必要です。

【不倫】不貞相手から350万円もの慰謝料を回収した事例

  • 依頼者:女性(50代)会社員
  • 相手方:女性(40代)会社員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
夫と夫の会社の後輩女性とが長年に亘り不倫していたことが発覚して、妻が夫と不倫相手(後輩)に慰謝料請求をしたいという相談があり、受任しました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
夫と妻は昨年から別居していましたが、別居は離婚を前提としていました。夫は、20年にも亘って後輩女性と不貞を続けてきたことから、妻としても許せないという思いが強く、慰謝料を請求することになりましたが、まずは、内容証明郵便で慰謝料350万円を支払う旨通告しました。
通告後、3週間程度で、相手方から全額を支払ってもらえました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi実は不倫相手の後輩女性は本件のことが職場に知られてしまうと、職場にいられなくなるような地位にありました。そのため、早期に穏便解決したかったのだろうと思われます。

慰謝料としては、長期の不倫であっても、上限は300万円前後というのが実感ですので、本件では弁護士費用相当分まで回収できて、本当に幸運だったと思います。

内容証明の文面にも一定の工夫をしたことが効を奏したかもしれません。

【不倫】不倫慰謝料請95万円を受領し、夫との接触禁止を約束させた事例

  • 依頼者:女性(30代)専業主婦
  • 相手方:女性(30代)会社員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
夫が持っている携帯電話のメールのやりとりを見たところ、夫が不倫しているのに気付きました。
妻としては、離婚するつもりは現在無いが、精神的に辛い思いをしたため、交際女性に対して慰謝料請求と夫への接触禁止を求めて、依頼されました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
最初に、交際女性に対して内容証明で受任通知をおくりました。
ほどなく、交際女性は弁護士を立て、その弁護士と金額面やその他の条件について協議しました。

金額面で数十万円しか払えない、という話でしたし、接触禁止についてもペナルティの設定に難色を示していましたが、最終的に95万円の支払(額は少なめですが、交際女性から夫に対する求償を禁止しました。)と、夫に対する接触禁止(接触した場合は違約金を払う内容)を合意することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫慰謝料を請求する場合、夫と離婚する場合と離婚しない場合とで慰謝料額が大きく変わります。また、交際女性から夫への求償を認めるか認めないかは専業主婦である妻にとっては大きな問題です。

本件は、今後も夫と夫婦生活を継続することを前提としていましたし、求償は止めて欲しいというスタンスでしたので、交渉が非常に難しかったです。

また、夫への接触禁止に違約条項をつけるという交渉も難航しましたが、何とか相手方に飲んでもらえました。この点は、判決にするよりも有利な点であると思います。

【不倫】任意の交渉で不貞相手から慰謝料250万円の支払を受けられた事例

  • 依頼者:女性(30代)無職
  • 相手方:男性(30代)会社員
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
夫が職場の女性と不倫をしていたことが妻に発覚し、妻側から不貞相手の女性へ慰謝料を請求をしたいと相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
不貞相手に通告書を送ったところ、不貞の事実を認めたので、250万円の慰謝料の支払いと、夫と今後関わらないことを内容とする合意書を交わし、2週間程度で解決することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不貞相手への慰謝料請求は迅速に処理を進めることが重要です。上手に交渉して早期に合意書を交わすことで、長期化しやすい裁判を回避することができます。

【不倫】夫から解決金を受領して離婚後に不貞相手に慰謝料を請求し、支払が得られた事例

  • 依頼者:女性(50代)パート
  • 相手方:女性(40代)会社員
  • 子ども:2人
事案内容(相談までの背景)
夫が不倫をして離婚をすることになったため、慰謝料を不貞相手に請求してほしいということで、ご相談にみえました。相手方は自分には責任が無く、支払う意思が無いとのことでした。
なお、夫からは慰謝料という名目で金銭を受け取ってはいないものの、解決金を200万円受領して調停離婚している事案でした。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
不貞相手に内容証明を送りましたところ、相手方に弁護士がつき、夫が200万円の慰謝料を支払っていることからこれで解決済みであり、慰謝料を支払う意思は無いとの回答でした。粘り強く交渉しましたところ、訴訟等の法的手続に訴えること無く80万円の支払を受けることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫の慰謝料請求は、まずは不貞相手への請求から始めるべきです。もし配偶者から先に慰謝料や解決金を受領してしまうと、それで解決済みであるとの抗弁が出てきてしまうし、金額も減額されることが多いからです。

一般に、配偶者よりも不貞相手方への慰謝料額は低額であるため、不貞相手は低額の賠償にしか応じないことが多いと言えます。注意が必要な事案だと言えましょう。

なお、配偶者と離婚給付について合意するときは、できる限り慰謝料では無いことを明確にして合意した方が良いです。そうすると、不貞相手への慰謝料額が減額される余地は少なくなるでしょう。

【不倫】2ケ月程度で慰謝料を回収することができた事例-2

  • 依頼者:女性(30代)会社員
  • 相手方:男性(30代)会社員
  • 子ども:なし
事案内容(相談までの背景)
交際していた男性(相手方)が、結婚していたにもかかわらず、独身であると嘘を言っていました。
男性が妻子と写っている写真が見つかり、男性の嘘が判明したため、当事務所に依頼がありました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
調査したところ、男性は自宅を購入しており、妻子と同居していました。
もっとも、男性は出張の多い仕事であったため、あまり自宅には帰っていなかったようです。

まず、内容証明郵便で慰謝料を請求しました。
すると、相手方に弁護士が就きました。
弁護士同士で交渉した結果、金額に折り合いが付き、2か月程度で示談し、和解金を回収することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosiご本人は、早期に解決して、新たな人生を踏み出したいと望んでいました。
相手方も、交渉段階で弁護士を付けたことから、訴訟になることは避けたかったものと考えられます。
その結果、早期に具体的な金額の話を進めることができ、迅速に解決することができました。

【不倫】高額の慰謝料を回収した事例

  • 依頼者:男性(40代)
  • 相手方:男性(50代)
  • 子ども:なし
事案内容(相談までの背景)
妻が職場の既婚者である上司と数年にわたり交際していたことが発覚したということで、ご相談にみえました。

妻は、上司とのメールのやりとりなど、証拠となるようなものをすべて削除していましたが、夫が問い詰めたところ、上司との交際を認め謝罪しました。
夫は、妻との離婚を決意していましたが、離婚するか先に不倫相手に対し慰謝料を請求するか迷っているとのことで、ご相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
不倫の客観的証拠が少なかったので、離婚する前に、妻に対し、交際期間や、会った回数、一緒に出かけたところなどを記載した書面を作成してもらうようにアドバイスしました。
妻が書面を作成したところで、まず不倫相手の男性に対し、慰謝料請求を行うこととし、内容証明を送付しました。

相手方の男性は、弁護士に依頼し、慰謝料を支払う旨回答してきましたので、弁護士と慰謝料金額につき交渉しました。交際期間が長期にわたったことなどから、最終的にはかなり高額の慰謝料を回収することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫相手から慰謝料を回収するよりも先に離婚してしまうと、元配偶者から証拠を得ることは困難になりますので、離婚と不倫相手に対する慰謝料請求の順番についてはよく検討する必要があります。

本件では、不倫相手から不貞行為を認めて謝罪する旨の示談書も取り付けることができ、妻との離婚においても、夫に有利な内容で合意して、協議離婚することができました。

【不倫】わずか1か月で慰謝料を150万円回収することができた事例

  • 依頼者:女性(50代)
  • 相手方:女性(30代)
  • 子ども:2人
事案内容(相談までの背景)
夫が出会い系サイトを通じ相手方女性と交際するようになり、依頼者は、夫との離婚を決意するに至りました。
夫は相手方女性と1年前に別れていましたが、依頼者は相手方女性に対して責任を追及したいと強くご希望でした。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
まず、相手方女性の住所が不明であったため、弁護士照会により相手方の住所を特定しました。
その後、相手方女性に対して、慰謝料請求を求める内容証明郵便を送りましたところ、相手方女性は、すぐに協議に応じると電話をかけてきました。

依頼者としては早期の解決を強く望んでいたため、最終的には金150万円で和解することとしました。
交渉開始から、約1か月で合意を成立させ、支払をしてもらえることができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi相手方女性が手持ち現金が無いと主張しましたので、回収方法に工夫が必要な事案でした。

そこで、慰謝料額を金200万円と合意しておき、もし、そのうち150万円を期日までに支払えば残額は免除します、という合意をすることで、確実に債権回収することができました。

【不倫】短期間で慰謝料を回収することができた事例

  • 依頼者:女性(30代)
  • 相手方:女性(30代)
  • 子ども:2人
事案内容(相談までの背景)
夫が職場の後輩の女性と、数年間交際していたことが発覚したため、ご相談にみえました。

不倫相手の女性は独身で、もともとうつ状態であったこともあり、夫や妻に対して、離婚を迫り、自宅にまで電話をかけてくるなどしていました。

不倫発覚後、夫は、妻に対し、女性とは別れる、きちんと自分が話をすると説明しましたが、なかなか別れ話は進みませんでした。
妻は、女性に対し、慰謝料を請求することで、夫と女性との関係を断ちたいと考え、ご相談にみえました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
相手方の女性に対し、慰謝料請求を求める内容証明を送ったところ、女性は、すぐに弁護士に依頼しました。弁護士からは、慰謝料を支払うので円満に解決したい旨の返答がありました。

相手方の弁護士と慰謝料の金額や和解書の内容につき交渉し、2か月ほどで、慰謝料の一括払い、夫は勿論、夫の親族を含め一切接触はしないことなどをもりこんだ和解書を作成して早期解決することができました。

また、妻は離婚しないことを希望していたため、夫も合意書作成の当事者となり、女性から夫への求償権を放棄することも合意しました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫相手の女性が、離婚を迫ったり、自宅に押しかけてくるということがありますが、弁護士から通知を送ることが、このような行動の抑止につながります。

また、妻の立場から慰謝料を請求した場合、後日、不倫相手から、夫に対し、求償権を行使されることがありますが、夫も含めて合意書作成することが可能な場合には、求償権を放棄させ、紛争を一度に解決することができます。

【不倫】不倫の慰謝料の減額交渉を行い、求償も行うことができた事例

  • 依頼者:女性(30代)
  • 相手方:女性(30代)
事案内容(相談までの背景)
妻子(子どもは1人)ある男性と不倫関係となった女性から、男性の妻から弁護士を通じて350万円の慰謝料請求がされているということで、相談がありました。
当該女性から、家族には知られたくない、相手方の慰謝料請求額を減額してほしい、という依頼があり、受任しました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
相手方の弁護士にすぐに連絡をし、早速慰謝料の減額交渉を行いました。
依頼者としては、男性に対して積極的に不倫を持ちかけたのではなく、男性側から求めてきたことや、不倫の回数もごく僅かだということも指摘し、金額的には150万円程度が相当であると交渉しました。
一括払いをするという約束で交渉が成立し、金150万円で妻側と和解を成立させることができました。
さらにその後、男性側と協議を行い、上記慰謝料の半額の金75万円を求償、回収することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi不倫の慰謝料請求は、高額過ぎることが多く、相場を逸脱していると感じる場合があります。
不倫の内容によっては、大きく減額させることができる場合もありますので、勇気を持って弁護士にご相談頂きたいと思います。
また、不倫相手から半額を回収することができる場合もありますから、泣き寝入りしてはいけないと思います。

【不倫】離婚せずに不倫相手の女性に対し、慰謝料請求訴訟を提起し、慰謝料の支払いを得て早期解決することができた事例

  • 依頼者:女性(30代)
  • 相手方:女性(30代)
事案内容(相談までの背景)
夫の不倫が発覚し、不倫相手の女性が、夫婦の自宅まで謝罪するためにやってきました。
しかし、全く誠意ある謝罪がなく、むしろ夫に責任をなすりつけるような態度であったことから、妻は、不倫相手の女性に慰謝料請求をしたいということで相談に来られました。 

妻は、子どものために離婚はしないという意向であったため、女性に対してのみ、慰謝料の請求をしましたが、女性は弁護士を依頼して対応し、また理不尽な言い訳を繰り返しました。
妻は、女性の態度に立腹し、訴訟による解決を希望されたため、当事務所では、すぐに訴訟を提起しました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
訴訟では、女性が、夫に対し、裁判を起こされたことを告知するという手続を行い、夫も裁判に参加することになりました。
夫にも離婚する意思はありませんでしたが、妻側では、夫に対しても、謝罪の意を示すために慰謝料の支払をしてほしいと要求し、結局、夫と女性のそれぞれから、慰謝料を一括して支払ってもらうという内容で和解が成立しました。

弁護士を依頼した場合、通常の期日では、本人は、基本的に裁判所に行く必要はありませんが、妻は、女性の裁判所での謝罪を強く希望しました。そこで、当方では、女性の裁判所への出頭及び謝罪を和解の条件として交渉し、結局、女性は、自ら裁判所に来て、代理人などの面前で謝罪しました。
裁判の第1回期日から、約3か月程度で和解が成立し、早期に解決することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi離婚しない場合であっても、不倫相手への慰謝料請求は可能です。
どのような点を重視するかなどによって、選択すべき手続が異なりますので、ご希望に応じて、適切な手続を選択する必要があります。
今回は、すみやかに訴訟手続をとり、厳しい態度を示すことによって、相手方の女性の譲歩を引き出し、和解によって、極めて早期に解決することができたと思います。

【不倫】夫が不倫をしているうえ、財産を隠そうとしているケースで有利に和解を成立させた事例

妻側から、夫が不倫をしている、夫は自分の財産を隠そうとしているのか預貯金通帳を私から取り上げた、きちんと財産分与や慰謝料を払ってもらった上で離婚したい、という相談を受けました。

02そこで、当事務所から夫の預貯金・保険を仮差押えし、離婚交渉を開始したところ、1、2か月の間に、夫と和解が成立し、妻側が仮差押えした財産を慰謝料や財産分与の名目で全額受領することができました。養育費についても、妻側に有利な交渉をすることができました。

このように、仮差押えを効果的に使うことで、交渉を有利に進めることが可能です。

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら