離婚トラブルの解決事例

【調停離婚】調停の中で慰謝料や財産分与を回収できた事例

  • 依頼者:女性(50代)パート
  • 相手方:男性(50代)会社員
  • 子ども:1人(高校生)

事案内容(相談までの背景)
夫が不倫をしたため、依頼者(妻)が別居を決意し、子供を連れて実家に戻りました。夫側は、不倫をしたことについて妻側にも問題があると主張し、慰謝料を払いたくないと言いました。

また、財産分与においては、住宅の頭金を妻の結婚前の預貯金で払っていたため、財産分与の割合を妻側に有利に配分する必要がありました。

夫側が預貯金をどんどん解約していることもあり、早期に離婚解決を行いたいと、依頼者が相談に来られました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
直ちに離婚調停を行いましたが、それと同時に、仮差押えを行いました。仮差押えの手続をとることによって、夫が勝手に預貯金を解約できない状態にしました。その上でゆっくり調停の中で慰謝料や財産分与について夫側と議論を行い、慰謝料については150万円程度、財産分与については400万円程度を回収することができました(調停員委員会も勧告してくれました。)。

財産分与において住宅の頭金については、住宅自体の価値が下がっていたため、支払った金額全額が返金されることはありませんでしたが、一定の回収ができたので、目的をある程度達成することができました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi相手方が慰謝料や財産分与の原資となる預貯金を次々解約してしまうケースでは仮差押手続を行う必要があります。離婚事件ではあまり仮差押手続を行うケースは少ないですが、必要性のある事案はあります。

ところが、離婚事件の仮差押手続を行った経験のある弁護士は意外に少なく、やりたがらないことすらあります。何度も仮差押えをやったことがあるかどうか弁護士選びの時は確認した方が良いかも知れません。

調停離婚」カテゴリーの他の事例はこちら


片岡法律事務所の離婚・男女問題解決事例

離婚の原因
  • 不倫・浮気 不貞行為
  • DV・暴力
離婚の争点

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 不動産・住宅ローン
  • 離婚費用
  • 預貯金
  • 退職金

子どもについて

  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流
性別
  • 男性
  • 女性

手続き

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 慰謝料請求

職業

  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 主婦
  • 無職

年代

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,000円(税込)より

地図

詳細はこちら