名古屋離婚解決ネット HOME > 離婚問題についての知識 > 離婚と浮気 > 不貞の慰謝料請求をされた場合の反論②「婚姻関係破綻の認識」

離婚問題についての知識

不貞の慰謝料請求をされた場合の反論②「婚姻関係破綻の認識」

不貞の慰謝料請求をされた場合の反論②「婚姻関係破綻の認識」

不貞行為の慰謝料請求をされた場合の反論①「婚姻関係の破綻」において、不貞行為の慰謝料請求をすると、相手方から、婚姻関係破綻していたと認識していたと主張されることがあるとご説明しました。

この主張が認められず、現実には婚姻関係が破綻していなかったとしても、不貞相手(配偶者ではない不貞行為の相手方)が、不貞当時、婚姻関係が既に破綻していると過失なく信じた場合には、慰謝料請求は認められません。

ただし、不貞配偶者が、不貞行為に及びたいがために、婚姻関係が破綻しているとの説明をすることは非常によくありますので、単純に、「婚姻関係が破綻していると言われたから、それを信用しました。」というだけでは足りません。

例えば、不貞配偶者が離婚済みだと周囲に吹聴しており、実際に勤務先でも離婚を前提とする取扱いがなされていたなどの、不貞配偶者の言葉を裏付ける事情が必要です。

さらに当然ではありますが、仮に当初は婚姻関係が破綻していると認識していたとしても、不貞行為期間の途中に、婚姻関係が破綻していなかったと知った場合には、慰謝料請求が認められます。

このような不貞相手からの反論は、簡単に認められるものではありませんが、不貞相手から、婚姻関係が破綻していたと認識していたと主張されそうな場合には、弁護士にご相談されることをおすすめします。

お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,000円になります(通常10,000円)
ぜひご活用ください!

お客様の声

ページの上部へ

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。  
相談料 30分 5,000円(税別)より

地図

詳細はこちら

離婚相談票pdfダウンロード