離婚トラブルの解決事例

【養育費(婚姻費用)】交渉により、今年よりも年収が低い前年の年収で婚姻費用を算定することができた事例

  • 依頼者:男性(30代)会社員
  • 相手方:女性(20代)パート
  • 子ども:1人
事案内容(相談までの背景)
算定表よりも高い婚姻費用を現在支払っているので、妥当な金額で今後は支払っていくようにしたいという相談を受けました。

 
当事務所の活動結果(受任から解決まで)
当初は、離婚調停手続の中で婚姻費用の話し合いがなされた後、相手方の方から婚姻費用の調停の申し立てがなされ、その後は婚姻費用の調停の中で話し合いが行われました。

争点としては、夫が家賃とローンの両方を負担しているところ、それを理由に婚姻費用額を減額させられるか、その他光熱費や駐車場代等を夫が負担しているため、その分を婚姻費用額から減額できるかという点でした。

また、依頼者側の事情としては、今年年収が大幅に上がる可能性があったため、できれば昨年度の年収で話をまとめたいという事情がありました。

私共の方で書面を作成して裁判所に提出したり、調停委員に実情を分かりやすく説明する等した結果、昨年度の年収で婚姻費用を算出することができました。
また、婚姻費用額から、生活費の一部を控除することもできました。

 

解決のポイント(所感)
bengosi婚姻費用の金額については、通常、当事者双方の直近の年収をもとに算出されることになります。
もっとも、年収が上がった事情が特殊であったり、今後減収の見込みがある場合には、説得力のある主張をすれば、それらの事情が考慮され、婚姻費用の金額を下げられる場合があります。

本件も、様々な文献や裁判例をもとに説得力のある主張をした結果、相手方が主張する婚姻費用の金額から減額することができました。

単純に双方の直近の年収で婚姻費用を決めるだけであれば、弁護士がつかなくても良いかもしれませんが、様々な特殊な事情を考慮して欲しいということになると、弁護士をつけて適切な主張をしていくことが大事になってくるかと存じます。

婚姻費用に関して、お困りの方がいらっしゃいましたら、一度専門家にご相談するのをお勧めいたします。

養育費(婚姻費用)」カテゴリーの他の事例はこちら


片岡法律事務所の離婚・男女問題解決事例

離婚の原因
  • 不倫・浮気 不貞行為
  • DV・暴力
離婚の争点

お金について

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 不動産・住宅ローン
  • 離婚費用
  • 預貯金
  • 退職金

子どもについて

  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流
性別
  • 男性
  • 女性

手続き

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 慰謝料請求

職業

  • 経営者・役員
  • 会社員
  • 主婦
  • 無職

年代

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
お気軽にご相談ください
離婚・男女トラブルのご相談は、
初回相談料が1時間3,300円(税込)になります。
(通常11,000円税込)ぜひご活用ください!

お客様の声

高所得者の離婚

離婚相談票

離婚協議書のひな型

お客様の声

片岡法律事務所

片岡法律事務所外観

住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目19番25号 MS桜通7階(受付)・8階
営業時間  月曜日~土曜日
9時~18時
※特別な事情がある場合は時間外でも承ります。
※日曜日・祝日は休業日です。
相談料 30分 5,500円(税込)より

地図

詳細はこちら